マロリン バスティンの画に感動...ああなりたいバァバの奮闘記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コガラのハッピーミール

バァバがまだ若いお母さんだったころ、カナダの子供たちの雑誌に”チェカディー”つまり”コガラ”というのがありました。その時は鳥が可愛いと思っただけで、本物がバァバの周りを飛んでいたのかもしれませんが、認識していませんでした。その後、何十年もしてあのコガラが、このガーデンにも沢山いるのを発見、本当に可愛いものです。体に比較してちょっと頭でっかちで、本当に小さな子供のように愛らしい…そんな鳥です。

マロリンさんの絵を参考にしています。秋の実りを存分に楽しんでいるコガラです。



DSC04122.jpg




コガラのハッピーミール

関連記事リスト…このような記事もご覧くださいませ。
スポンサーサイト

| | 10:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥と秋の白樺を便箋用に描く

秋の黄葉した白樺の木のとまるヒガラ(?)でしょうか。マロリンさんは鳥をよく描きますね。バァバは鳥は経験が浅いのですが、このガーデンには鳥がいつも出入りしています。こんな鳥もよく来ます。

描いていると、よ~く、観察し、鳥のサイトを見たりして以前よりももっと鳥がすきになりました。
ガーデンに来る鳥たちも描いてみたいと思います。

これは2,3行を書くための、便箋用です。下のほうの枠線は違うデザインにしたほうが良かったかもしれませんね。

DSC04073.jpg


 鳥と秋の白樺

関連記事リスト…このような記事もご覧くださいませ。

| | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィンチが二羽

鳥を描くのも少し慣れてきました。
バンクーバー周辺のバァバのガーデンにもこのフィンチがよく訪ねてきてくれます。本当にきれいな黄色と黒のはっきりとしたデザインの羽を着た鳥です。

finch2.jpg  フィンチとエキネシア、どちらも野生ですね。

finch1.jpg  ちょっと淡い色で描いたフィンチ、たまに薄い色のもいます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとフィンチ(Finch)は

アトリ科の英名。主に北半球とアフリカ大陸に分布する小鳥で、植物の種子を主食とする。対応する日本語はヒワ(鶸)であるが、今日ではあまり使われず、そのままフィンチなどと訳されることが多い。

愛玩鳥における分類の一つ。アワやキビなどのイネ科植物の種子をエサに用いるアトリ科 (Sibley)やスズメ科 (Sibley)の小鳥を指し、エサの入手や保存の容易さから比較的飼い易いとされるが、中には環境の変化に敏感で飼育の難しい種もある。構成する種の大部分はスズメ科カエデチョウ族 (Sibley)に分類され、それら以外は上述のアトリ科やスズメ科ハタオリドリ亜科 (Sibley)に分類される。アトリ科における代表格はカナリア、スズメ科カエデチョウ族の代表格はジュウシマツ、ブンチョウなど。この3種以外は高級フィンチと呼ばれ巣引きが難しいとされる。

などとあります。鳥は自然にやっているのが一番。



 フィンチが二羽

関連記事リスト…このような記事もご覧くださいませ。

| | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛ぶブルーバード

鳥の第二作目、こんどは飛んでいるブルーバード。飛んでいる羽の具合をマロリンさんのとは少し変えてあります。

今回は羽の部分を描くのにこんな筆を使ってみました。
げじげじしたほうの筆は600円くらいで購入、もう一本のほうは中国製のもので、使い物にならなかったのをはさみでジョキと斜めに切りました。

げじげじのほうは一遍に沢山の離れた細い線を描くことができます。もう一つの寸詰まりのほうは、胸の柔らかい部分の羽毛を描くのにつかってみました。悪くありません。時間短縮ができます。


torihude.jpg


そして、描いた飛ぶブルーバードでした。


aoitori2.jpg



 飛ぶブルーバード

関連記事リスト…このような記事もご覧くださいませ。

| | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルーバード

Bluebird,ブルーバード、そのままで分かりやすい名前の鳥です。ものの本には cher-weet, cher-weetとなくらしい。そしてあの童話の青い鳥と同じ”しあわせ”のシンボルということになっている鳥です。

北米には三種類のブルーバードがいて、ここバンクーバー周辺にもいるはずです。春と夏、二回も産卵して子供を育てるそうです。一回目に生まれた鳥が二回目の子育てをお手伝いすることもあるそうですよ。害虫などもたべてくれる、ガーデナーにはありがたい鳥、ここにも来ないかなぁ。今年の冬は、野鳥たちに食事を準備してさしあげようかしら…冬は食べ物がすくなくなるでしょうね、寒いですものね。

マロリンさんの鳥、本当に可愛らしい。それでいて、ほらこの画にもありますが、虫をくわえたりしていて、自然をそのままスケッチしてますね。ちょっとふっくらしていて愛らしい。

tehonaotori1.jpg

下のは、バァバの鳥一号。鳥って全体の形が難しいですね。頭の形とそれに続く体の線が描きなれていないせいか、頭だと思って描くとだめみたいです。

羽の色や質感もむずかしいし、羽の部分と胸の部分はぜんぜんちがいますし。眼の辺りもちょっとの違いで、非常に目つきが悪く見えてしまいます。脚もちょっと変ですね。おなかがすいている時のブルーバード…ですかね。

aotori1.jpg



 ブルーバード

関連記事リスト…このような記事もご覧くださいませ。

| | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。